所長メッセージ│Message

 法曹人口の増大---報道ではそのような記事が踊っていますが、いざ困ったとき、身近に弁護士はいない。そう感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。

 アメリカに比べると、日本の弁護士はあまりにも少なすぎる、そういわれて久しいですが、真に問題なのは、数ではなく、弁護士に対するアクセスがあまりにも開かれていないことにあります。

 これまでは、弁護士に物事を依頼するのは何か事件が起こったとき、できればそんなときが来なければいい・・・そう思われて来たかも知れません。

 しかし、現在の社会はそれを許さない状況にあります。

 法人であれば、企業間買収の問題に代表されるように、いついかなるときに自社に対する触手が伸びてくるかも知れず、また、消費者問題のようにいざ問題が発生してからでは対応が後手後手に回り、いたずらにトラブルを拡大してしまいかねません。

 個人の場合も、近隣トラブルなど、身近に思いもよらない法的トラブルの種があったり、相続問題など、事前の対応がなければ大きなトラブルになることも少なくありません。

 これからは、法律を日常的に使いこなしていくことが、豊かで幸せな未来を築く上で、不可欠な時代です。法律や弁護士を、敷居の高いものと考えず、うまく活用して頂きたいと思います。

 皆様のお役にたつ、より良質なリーガル・サービスを提供できるよう、事務所一同、日々、研鑽に努め、充実した体制を築いて参ります。